ミュゼプラチナムで最安値で脱毛するなら!

脱毛サロン、業界No.1のミュゼプラチナムで脱毛するなら最新キャンペーンは絶対チェック!

☆★当サイトでは、常に最安値で申込みができる様に情報を更新しています★☆

ミュゼを一番お得な料金で申し込む為には、ネットからの申込みをしなくてはいけません!電話での予約では
キャンペーンや割引の適用が受けれなくなりますので、
必ず、最新のキャンペーンと割引情報がある、下記のページからアクセスして下さいね!! 

>>最安値キャンペーンの申込は必ずこのWebから予約してくださいね!<<

ミュゼは最安値でも脱毛効果が高く、顧客満足度No.1の理由


エステサロンって、値段が高いんじゃないの?と思っている人が多い中、ミュゼは脱毛サロンの中でもとにかく値段が安いことで有名です。キャンペーンを利用すれば、100円で両わきの脱毛とVラインの脱毛が、自分が満足するまで何度でも出来るので永久脱毛と同じ効果を得ることが出来ます。勿論、値段は100円以上絶対掛かりません。他のコースを受けさせようと強引な営業もありません。”効果が高いな〜、 これなら他の部位も脱毛したいな〜 ”と思ったら、申し込めば良いだけですそれで他の部位を脱毛しても、他のエステサロンより安いですし、効果が分からない高額の脱毛機器を購入するより絶対お得です。実際に、他のエステサロンに通った人や脱毛器機を購入したけど、なかなか脱毛効果が得られなかった人の多くがミュゼに通っていますが、値段が安すぎて効果を疑っていたけどこんなに効果がすぐに分かるのであれば、早くくれば良かったという口コミや評判がとても多いのも、ミュゼの特徴です。


自分でする正しい毛の処理の仕方

 

夏になると露出も増えて、その分毛の処理の頻度も多くなりますよね。
正しい毛の処理の方法を覚えて、肌への負担を少しでも減らしましょう!

 

<毛の処理方法バリエーション>
脱毛サロンなどに通わず自分で処理する「セルフ脱毛」にも何パターンかあります。
まずは剃る部門・・・
○カミソリ→いちばん手軽で簡単な方法。ドラッグストアなどで百円で帰るT字カミソリから、1000円近くするもの(刃がうるおい石鹸で囲まれているようなタイプ)がある。簡単ですが、肌へのダメージが大きい方法です。
○電気シェーバー→肌への負担は少ないですが、深く剃れません。
○トリマー→ペンタイプの機械で、刃の部分は小さいバリカンになっています。産毛などの細い毛を処理するのに適しています。

 

次に抜く部門・・・
○ピンセット→抜いたらしばらくは生えてきません。しかし毛穴へのダメージが大きく、肌が敏感な方にはオススメできません。
○ワックス・脱毛テープ→広範囲の毛の処理が一度でできるもの。こちらも毛穴へのダメージが大きく、さらに肌への負担もかかってしまいます。
○電動毛抜き→毛をスピーディに抜いてくれる機械。毛穴トラブルが多い方法。

 

この他に、ヒートカッターで焼き切る方法や除毛クリームを使うなどの方法がありますが、前者はやけどなどのリスクがあり、後者は肌への負担が大きいというデメリットがあります。

 

<毛の処理、一番いい方法は?>
どの方法でも、少なからず肌や毛穴へのダメージはかかってしまいます。
その中でも、比較的負担が少ないのは「カミソリで剃る」という方法だと思います。
肌に何もつけずに剃る空剃りは絶対に避けて、しっかりボディーソープを泡立てた泡をクッションにして剃ることを守れば、肌を傷めることも少ないです。
アフターケアも大切で、毛の処理が終わったら保湿クリームなどでケアしてください。
電気シェーバーも肌への負担があまりないのでオススメできますが、やはり深くそることが難しので、毛が濃い方は剃ったあとも黒くブツブツと残ってしまうかもしれません。しっかり根元から剃れていないので、毛が伸びて見えるのも早いです。
除毛クリームはカミヨリよりも毛の処理がきれいにできますが、肌への負担は比較にならないほど大きいです。なので、日常的な毛の処理には不向きだと思います。クリームの使用によって、毛が薄くなる場合もあるそうですが、それを期待して使い続けるのはあまりにもリスクの高いことです。

 

 

毛の処理の頻度は?

 

自宅でセルフムダ毛処理している方は、どのくらいのペースで行っていますか?
各部位のムダ毛と、毛の処理の頻度を比べてみましょう。

 

<ワキの毛>
ほとんどの女性が処理している、または処理したことのあるワキの毛。他の部分のムダ毛とは違って、ワキの毛は太くて硬いのが特徴です。ちぢれ具合は人それぞれな模様。
早い人は小学生から生えますが、実際お手入れをし始めるのは中学生になってからという方が多いのではないでしょうか。
冬の長袖時期でしたら隠れてしまうのでいいですが、夏は半袖の袖からチラッとワキが見えてしまうこともありますし、伸びっぱなしはまずい部分ですね。
だいたい2,3日に一回剃る人が多いようです。濃い人で毎日、薄い人で一週間に一回という意見も見られました。

 

<脚の毛>
脚は、ワキ以上に人目にふれる機会のある部位です。女性がいちばんムダ毛を気にするのがこの脚だと思います。
冬場はタイツなどでごまかすことができますが、夏は素足でスカートやソートパンツを履くことが多いですよね。なので処理に手を抜くのは恐ろしいことです。
脚のムダ毛は他と比べて毛穴が大きく、毛全体も太く濃くなっていく傾向があります。処理しても処理しても、伸びるのが早いので数日と待たずにブツブツ目立ってきてしまいます。
また、毛を剃ったとしても毛穴が赤くプチ炎症をおこしてしまうこともあるので、毛を処理して脚がツルツルに!なんてことはなかなかなりません。気になる人は、ファンデーションなんかでカバーしているとか。
脚は、ほぼ毎日剃っているという女性が大半のようです。

 

<腕の毛>
ムダ毛の処理でとくに悩むことの多いのが、腕なんです。
腕は他人と触れる可能性のある部位なので、剃り残しや伸びっぱなしがあると触れた人にチクチクとした不快感を与えてしまいます。さらにふだんから目につきやすい場所でもありますでの、放置せずに頻繁にケアをするのが望ましいです。
見落としがちな腕の毛の処理は、一週間に1,2回するという方が多いです。腕に関しては、薄い人は産毛程度の毛しか生えない場合もあるので、処理の頻度はかなり個人差がありますね。

 

あまりにも頻繁に剃りすぎると、肌への負担も大きくなって、肌荒れの原因になったりもします。
しかし、女性としてムダ毛が伸びっぱなし・・というのもマナーとしてよろしくないので、自分の毛の濃さやあ肌の敏感度などを熟知して、ムダ毛を処理しましょう!